アクセス お問い合わせ
TEL.045-212-0375 FAX.045-212-0376
電話受付時間 月~金 9:30~17:30

2019年5月29日 いま注目の人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)

人材不足解消に使いたい新設助成金

2019年4月より、人手不足解消に向けた人材採用を行って社員数を増加させると受給できる人材確保等支援助成金(働き方改革支援コース)が創設されました。正社員1名増員で60万円、パートでも1名増員で40万円(10名まで)が支給されます。キャリアアップ助成金正社員化コースとは、初めから正社員採用をしても助成金対象になるところと対象者の賃金アップは求められていないところが大きく違います。

助成金のポイント

この助成金のポイントは二段構えの助成金となっている点です。まずは時間外労働等改善助成金を支給される必要があります。その中でも勤務間インターバル導入コースが使いやすくお勧めです。上記の助成金を受給した後、雇用管理改善計画(1年間)を立て、働き方改革支援コースの計画届を提出します。1年間の計画期間の前半6か月で雇用した人が助成金の対象になり、その後6か月経過した計画期間終了時点の会社の社員数の増加人数で支給額が変わってきます。例えば10人の会社が計画終了時点で11人になっていれば1名分の助成金が支給されます。

このことから助成金を受給するには、退職者もあることを考えると前半の6か月で数名の増員を行う必要があるでしょう。その他の要件として計画期間中の離職率を30%以下に収める必要がありますが、厚生労働省「雇用動向調査結果」によると全国平均15%前後ですので引っかかってしまう心配は少ないでしょう。

この助成金は平成29年度の旧職場意識改善助成金を受給した企業も対象になるものですので、すぐにでも働き方改革支援コースを実施することができます。採用を予定している企業は積極的に使うとよいでしょう。

有効な助成金の活用方法

昨今の人手不足解消に向けた人員採用時に使える助成金です。勤務間インターバル導入コースは勤務間インターバルの制度導入だけ行い、採用に向けて働き方改革支援コースの準備をしても良いでしょう。人材不足に対応して積極的に助成金を使いたいものです。

掲載日時点の法令等に基づいて記載しており、最新の制度と異なる場合があります。
求人情報 公認会計士業務 税金お役立ち情報