2019年4月26日 企画の成功と失敗要因

企画の内容の検討に入る前の段階で、成功要因と失敗要因(ハードル)を予測し、成功要因の獲得策・ハードル解除の方向性を検討しておくことにより、目的・目標の達成確率を高め、さらに目標を超える達成の可能性まで手中にすることができます。

[企画シートと成功要因確保・ハードル解除](現物はA3判)

主題
背景・ニーズ・目的 状況判断 SWOT分析・ 基本構想・コンセプト
目標    ⑩ 実績 [完了時の姿] 見える化
成功要因・ハードル解除 実現のための具体策 スケジュール

成功要因獲得策の検討方法

企画を成功させる基本は、①~⑥まで検討してきた事柄の中から、成功に結び付く要因を精査することが最重要です。

すなわち、次のように検討します。

「⑤基本構想・コンセプト」「企画完了時の姿」から企画の成功要因を抽出する(特に企画推進の基本方針を貫くことは重要)
「④SWOT分析・クロスSWOT分析の中から、成功要因を抽出する。
「⑥目標達成基準」から目標達成に結びつく成功要因を抽出する。
以上の成功要因の重複を整理した上で、衆目評価法(5点法など)で重み付けを行い、上位3項目程度を成功要因として記述する。

失敗要因予測とハードル解除方針

成功要因の予測と同様に検討する。

「⑤基本構想・コンセプト」「企画完了時の姿」から企画の失敗要因を抽出する。
「④SWOT分析・クロスSWOT分析の中から、失敗要因を抽出する。
「⑥目標達成基準」から目標達成のハードルを抽出する。
以上の失敗要因・ハードルの重複を整理した上で、ハードル解除の方向性を検討する。
衆目評価法(5点法など)で、重み付けを行い、上位3項目程度をハードル解除の方向性として記述する。

以上の検討に当たって、関係者(管理者・社員)の参加・共創が重要です。