2019年3月26日 企画のSWOT分析

企画業務におけるSWOT分析の目的は、②で整理した主題の背景・ニーズ、③の状況判断をSWOTの視点で捉え直し、⑤の基本構想を確立するためです。

[企画シートのSWOT分析](現物はA3判)

主題
背景・ニーズ・目的 状況判断 SWOT分析 基本構想・コンセプト
目標    ⑩ 実績 [完了時の姿]
成功要因・ハードル解除 実現のための具体策 スケジュール

SWOTからクロスSWOT分析へ

SWOT分析では、すでに整理・把握した背景・ニーズと状況判断で捉えた事柄を、「内部環境:自社の強み(Strengths)・弱み(Weaknesses)」・「外部環境:自社にとっての機会(Opportunities)、脅威(Threats)」として捉え直し、さらに「クロスSWOT分析」で、「内部環境の強み・弱み」と「外部環境の機会・脅威」をクロスさせ、「強み」を「機会」に生かす方法を検討して⑤の基本構想を策定する検討手順をとります。

「クロスSWOT分析」の方法

次図に例記したように、「強み・弱み」と「機会・脅威」をクロスさせて企画の方向性を検討します。

.     外部

.     環境

内部

環境

機会

①    ○○顧客

のニーズ

②    △△顧客のニーズ

脅威

①    競合△社

のB製品

②    ・・・・

強み

①    核商品A

②    アフターサービス

1.・・・・・

2.・・・・・

(強みを機会に生かす方策)

・・・・・
弱み

①    顧客構造

・・・・ ・・・・・

クロスSWOT分析では「強みを機会に活用する方策の発見を最重視し、それを⑤の基本構想確立に結び付けることが眼目です。

経営者・管理者の留意点

このようなSWOT分析・クロスSWOT分析の作業を進めるにあたって、現場の状況をよく知っている社員の参加が欠かせません。すなわち、三現主義と共創の実践が企画を成功させる要因であり、経営者・管理者のマネジメントにおいて重視すべきでありましょう。