シリーズ グループ法人税制 グループ法人て何?

平成22年の改正税法により、グループ法人税制が創設されました。

 グループ法人とは、直接間接を問わず100%の支配関係のある法人を言います。こういった状態を税法では、完全支配関係といいます。

どういったケースが完全支配になるの?

①    最も簡単な場合は法人の100%子会社です。当然孫会社や、子会社同士が持ち合っている関連会社も完全支配関係となります。

②    同族で支配しているグループ会社です。

 この場合は親と子供が別々の会社を持っていたとしても、完全支配関係ということになります。

どういった場合が完全支配関係に無いの?

①    まず全くの他人が株式を1株でも持っている場合

 但し全くの他人といっても、従業員や役員の場合は若干注意が必要です。従業員持株会や、役員等が一定の条件で保有する株式に関しては、5%に満たない場合は、完全支配関係を判定する場合に除かれます。

② 完全支配関係の無い法人が1株でも持っている場合

ではグループ法人は何が問題なの?

 グループ法人になると税法の適用が今までとは違ってきます。ではその違った適用は全て納税者にとって不利なのかというと、そうでもありません。メリット・デメリットが沢山あります。

 今後はシリーズでメリットとデメリットをお届けしたいと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
横浜の税理士・税理士法人タカノでは、個人・法人問わず税務を中心とした
幅広いサービスを提供しています。
ご相談は税理士法人タカノ迄、お気軽にお問い合わせ下さい。
事務所は馬車道駅、関内駅、桜木町駅から徒歩圏内となっております。

タグ: